マグネットシート印刷を大量に各種仕様・加工で製作します。

//マグネットシート印刷を大量に各種仕様・加工で製作します。

マグネットシート印刷を大量に各種仕様・加工で製作します。

2022-07-20T13:24:52+09:002022年7月6日|製品|0 コメント

ご要望に合わせ、マグネットシート印刷を大量に各種仕様・加工で製作します。

名刺サイズ10000枚以上 あるいは A4サイズ1000枚以上など大量マグネットシート印刷を、
お客様の、用途・ご要望に合わせて、用紙・各種仕様・材料を組合せ、あるいは追加加工にて制作します。

1、印刷素材: 用途やご予算に応じて選択できます
質感重視でご予算あるなら:  耐久性も十分: クリスパー(東洋紡績、PET(ポリエステル、2軸延伸フィルム)
バランスの取れた定番素材なら:  サンカード紙(四六換算で180㎏、王子製紙)
コストを重視、手軽に製作したいなら:  コート紙(四六換算で135㎏)

2、印刷方法: 通常の単独印刷以外の方法もあります。 印刷支給でも制作します。
・ 基本は専用印刷:  その製作だけに印刷機を動かします。通常はこの方法で行ないます。
印刷データやお客様のお好みで、印刷の際に多少の色味を調整できます。
・ 付け合わせ印刷:  大きな版に複数の印刷案件を面付して、一度に印刷します。
特にコストを下げたい時に使用します。
特定の印刷物に合わせて色味の表性はできません。
当社では、コスト重視仕様の際に使用する事がありますが、
特に、名刺サイズで5000個など、比較的少量での制作にお勧めです。
・ 印刷支給での製作:  印刷会社様からのマグネット制作依頼などで、利用します。
最近は、印刷会社様からの依頼でも、「印刷もマングースで」というご依頼が増えてます。

3、印刷機: 用途や色数によって、使い分けます。
・ 通常のフルカラーでの印刷:  ほとんどがオフセット印刷を使用します。
・ 特色1色又は耐候性を重視:  スクリーン印刷を使用する事があります。
耐候性(水と紫外線対策)を重視する場合です。 屋外耐久性は1番です。
この場合、紙ではなく、塩ビシートに印刷します。
・ フルカラーで耐候性を重視:  ユポ紙あるいは塩ビシートにオフセット印刷を行ないます。
塩ビシート(タック紙)は粘着でマグネットに貼りますので、
タックの粘着素材とマグネットとの相性を事前にチェックする必要があります。

4、マグネット: 用途に合わせて選択できます。 一般的な例をご紹介します。
・ 0.8mm等方性マグネット: 厚くて磁力も強力、磁力面はコーティング済
・ 0.5mm等方性マグネット: 定番です、磁力面はコーティング済
・ 0.4mm等方性(中国製)マグネット: 当社直輸入品で比較的安価です、磁力面はコーティング済
マグネットには、製造方法により比較的柔軟な素材と硬い素材があります。
また磁力も、単に厚さだけでなく 一般の「等方性マグネット」の他に、磁力が強力な「異方性マグネット」もございます。
磁力の強さは、マグネットを構成する素材により磁力が大きく変化しますし、価格も同様に大きく変化します。
しかし、広告用として使用されるマグネットは多くの場合フェライトマグネットが使用され、その際のマグネットの色はほぼ黒です。

5、表面加工:
・ 屋内用など一般的:  PP(ポリプロピレン)フィルムを熱圧着
・ 屋外用:  紫外線対策をしたサンカットフィルム(PETフィルムをベースにUVカットメジュ-ムをコーティング)
・ ホワイトボード用;  ホワイトボード用のペンで書き消しができるようにハードコートを行なったPETフィルム
・ ホログラム:  表面保護フィルムの代わりに、ホログラムタイプのPPを使用する事もできます。
・ 特殊な表面加工:  スクリーン印刷機により熱発泡性の樹脂を塗布して加熱して発泡させる あるいは
スクリーン印刷機で透明樹脂を塗り、その中に金箔を入れて ラメ のような質感を得る。
同じくスクリーン印刷で表面の質感の違い(グロスとマット)を演出、あるいは
蓄光樹脂を塗布など様々な加工ができます。 スクリーン印刷は表面特殊加工の宝庫かもしれません。

6、抜き加工: 単にその大きさ・形状に抜くだけでなく、印刷との位置合わせが重要です。
印刷物自体の伸び縮み、加工の際のマグネットの多少の伸び縮みがあり、特に印刷の ロゴ 文字 枠線 など、
製品の外周に近い要素は、淵から最低でも2mmは離してください。
中でも円形は、抜き加工の際の位置ズレが特に目立ちやすい形状です。
・ 全抜き以外に、半抜きもできます。 刃を完全に入れず、紙1枚以下の厚さを残す事で、指で押して外せるマグネットができます。
・ 特注仕様・異形 動物の顔など特注形状での抜き加工をできます。
形状は、単に刃の作りやすさだけでなく、製品自体の丈夫さにもかかわります。形状の最終調整は当社にお任せください。
・ 雪の結晶のように、あまりに細かい・鋭角な形状は製作できません。

7、OPP個別包装: 特注も可能で印刷もできます、台紙の印刷もできます。
・ OPP袋:  特注サイズ、穴あき、印刷 などいろいろできますが、価格の点では、特注は10000枚以上からがお勧めです。
・ OPP袋用の台紙:  印刷もできます、マグネット取扱いの注意書きも印刷できます。

オフセット印刷によるマグネットなど、大量での再作は特注でも1枚・1個当たりの費用が分散されますので、特注での対応がしやすい場合が多いです。
ぜひ、お問合せをお願いします。 早急にお見積りします。

この文章は、株式会社マングースの渡辺が書きました。