マグネット広告の表面加工。グロスタイプとマットタイプ。

//マグネット広告の表面加工。グロスタイプとマットタイプ。

マグネット広告の表面加工。グロスタイプとマットタイプ。

2022-07-25T11:35:42+09:002021年9月6日|マングース情報発信局|0 コメント

こんにちは。
今回は、マグネット広告の表面加工についてご紹介いたします。

表面加工 説明画像

表面加工とは、マグネット広告のデザインを印刷した後に、印刷面を保護するため
透明なフィルムを貼って保護する工程のことです。
マングースでは、圧力・材質のバランスで品質が変化するのを確認し、ラミネート時にチリやごみが入らないように、
食品工場レベルの空気清浄機を設置した社内のクリーンルームで作業します。

表面加工は、グロスタイプとマットタイプがあります。
つるつるしたグロスタイプは多くのマグネット広告に使われているので、
ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

マングースのマグネット広告「FFマグネット」も通常はグロスタイプで表面加工しています。ツヤツヤで高級感があります。

マングースのマットタイプのマグネットはサラサラの質感です。
反射がないので、どの角度からでも見やすく、文字も読みやすい、
床用の保護フィルムと同じ材質を使っているので、厚みがあり丈夫です。
(マットタイプの価格は通常のグロスタイプより10%割増です)

一目見た瞬間に分かる質感の違い。

マングースのマグネット広告は、表面の質感も選べてどちらも素敵に仕上がります。

いろんなデザインがありますので、ぜひこちらからご覧になってください。

マングースのノベルティマグネット

マットタイプのマグネット広告

 

2022年7月25日更新