私が広告マグネットをビジネスにした理由(ワケ)2019-04-10T11:50:29+09:00

私が広告マグネットを
ビジネスにした理由(ワケ)

名刺と価格表をお渡し

お客様は名刺を管理しない?

お客様に製品の特徴を紹介したりサービス向上に努めても、お客様の欲求が発生した時に御社への連絡に手間取るのでは売上に結びつけるのは困難です。 お客様は身近な情報を元に他社に連絡してしまいます。

以前、私が営業マンだった頃、お客様から電話で 「いゃ〜、おたくのカタログ見つけるのに苦労したよ」と何度か言われたのを思い出します。いずれも以前訪問して製品のご紹介をした方ばかりです。「きっとカタログをもう一度読みたかったんだろう」とばかり思っていました。

しかし後になって知ったのは、お客様がその時、カタログで見たかったのは、会社の電話番号だけだったのです。

名刺を渡しているにもかかわらず、です。
思い返してみると、お客様へお渡した名刺はカタログのどこかに挟まれる事が多かったようです。 お客様の意識の中には「必要な時は向こうから来るだろう」という漠然とした気持ちがあったのかもしれません。

価格表に名刺を綴じる

お客様の欲求は突然発生する

MRI

その頃、私が販売していた製品は結構高額でした。

お客様からの電話は急ぎの場合が多く例えば、年に1度の予算申請とか、補助金目的の書類作成のため、あるいは現在使用中の製品が故障して修理するより新しく買う方が良いかなど、すぐに見積りを欲しいという電話でした。

買っていただけるチャンスですからとても大切な電話なのです。私は、名刺も渡しているので、電話番号が分からなくて困っているなどとは夢にも思いませんでした。

こちらから訪問する時は、お客様の欲求は高くなってない

法人の方は比較的名刺を保管される方が多いようですが、捨てないというだけできちんと名刺入れに整理しているとは限りません。まして一般のご家庭や訪問営業のお客様の場合、名刺やカタログをすぐ出せるように保管されている方は稀ではないでしょうか。

なぜなら、一般のセールスのように、こちらの都合で会う時、お客様は商品やサービスに急ぎの必要性を感じていない事が多いからですこのために、会社によってはセールスマンへの指導で、「名刺はカタログにホッチキスで止めて渡しなさい」とか、「名刺は顧客から『前にもらったからいいよ』と言われるまで何度でも渡しなさい」と指導している会社もあります。

書類の束

お客様は自分の都合で行動する

販促活動におけるマグネットの効果の表

お客様の都合は、営業マンとかサービスを提供する側には分かりません。 私も営業マンの頃、お客様に製品の特徴とか必要性、あるいは採算性を一生懸命説明しましたが、お客様は自分自身で必要と思う状況にならなければ買いません。

例えば、トイレや水道が故障したり、突然の休暇が取れたり歯が痛くなったり、友人から新製品の情報を聞いたり、旅行に誘われたり、新聞やテレビのニュースで驚くなど、突然の事でお客様は商品・サービスを必要と感じます。 お客様本人でさえ慌てる突然のニーズを御社が逃さないためには、何度もお客様を訪問し続けるしかないのでしょうか?実際、昔の酒屋さん、魚屋さん、クリーニング屋さんは毎日のようにお客様を訪問して突然のニーズを逃さないようにしていました。(最近まで京阪神の一部など“ご用聞き”で営業を行なっている地域がありました)

マグネットがあなたに代わって

多くの業種において定期的な訪問営業が行われていますが、ニーズを逃さないために訪問営業を続けるのはあまりにも不効率で採算に合いません。むしろ、固定したお客様より新規のお客様に営業活動・サービス活動をする方が売上アップに繋がる事も考えられます。

そこで、あなたに代わって小さなマグネットが毎日お客様に語り続けます。
マグネットはお客様の身近なところに常に掲示されています。 管理する必要も探す必要もありません。 お客様は受取ったマグネットを身近な鉄製品(冷蔵庫、机、ロッカー)に貼るだけで管理は簡単です。 しかも、お客様は御社のマグネットを毎日目にしている事から親しみを感じてそれが御社への信頼感に繋がっていきます。

ロッカーにマグネット貼り付け

デザインはシンプル、小さめがおすすめ

冷蔵庫にシートマグネット貼り付け

マぐネットを手渡しでお配りになるのなら、デザインもシンプルで小さめがオススメです。チラシ広告の縮尺版のように文字たくさんではなく、人物や動物の顔など印象に残るイラストを中心に、サービスの内容をキャッチコピー風に一言と社名と電話番号程度で十分かと思います。お客様が真っ先にマグネットの電話番号に電話する時、御社のマグネットが売上に結びつきます。

もちろん、マグネットだけで売れる訳ではなく、マグネットは御社が作られた訪問実績あるいはサービスの努力をベースに、御社への問い合わせ電話に結びつけるだけです。
マグネットが便利なのは、ちょうどあなたが日頃頻繁に電話する相手先番号を身近な所に書き出して見やすくしておくのと同じ事です。

ニーズが発生したお客様が真っ先に
マグネットを見て電話をする時、
御社の今までの努力が売上に結びつきます。

TEL 047-711-8037
資料請求

株式会社マングース
〒272-0034
千葉県市川市市川4-10-28

TEL: 047-711-8037
FAX: 047-375-1377

MAIL: toiawase@mongoos.jp
営業時間: 平日 9:00~18:00

営業日カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイトマップ
Q&A
お客様インタビュー
作例紹介